アフィリエイト 副業

【図解】Googleアドセンスの申請時にWordPressでサイトをAdSenseにリンクする方法

投稿日:2019年1月23日 更新日:

Googleアドセンスの申請手順の中で、「サイトを AdSense にリンクしてください」という指示がありました。しかし、私は、この方法が分からず、ずいぶん検索し、調べました。

同じように、困っている人のために、また備忘録として、こちらにやり方をまとめます。

Googleアドセンス申請時に「Adsenseサイトをリンク」?

Googleアドセンスの申請を進めていくと、「アカウントを有効にしましょう」「AdSenseにサイトをリンク」という指示がメールおよびWEB上に表示されます。

一応、ご親切に、「WordPress をご利用の場合は、AdSense コードの挿入方法をご確認ください。」という表示もあるんですよね。

しかし、このAdSense コードの挿入方法のリンク先にも、結局「<head> タグと </head> タグの間に貼り付ける必要があります」の表示しかなく、結局<head> タグと </head> タグはどこにあるんだよということになります。

同じページの「自動広告コードを追加する方法」にも、「サイトの<head> タグと </head> タグの間に貼り付けます」の文字。

では、Wordpressにおいて、「サイトの<head> タグと </head> タグの間に貼り付ける」とは、どのようにしたらよいのでしょうか。

WordPress(AFFINGER5)において、<head> タグの場所は?

WordPressの<head>タグは、Wordpressの「外観」→「テーマの編集」の中にありました。まず、子テーマを使用している場合、右側の「選択するテーマを選択」では、子テーマが選ばれています。私の場合は「WING-AFFINGER5 Child」ですね。このままでは、<head>タグのある場所は表示されておりません。

右側の「選択するテーマを選択」で、親テーマに変更し、右の「選択」ボタンをクリックします。私の場合は「WING-AFFINGER5」に変更ですね。「選択」ボタンをクリックしないと、自動的には変わりませんので、ご注意ですよ!

そうすると、テーマファイルがたくさん表示されます。そのテーマファイルを下にスクロールしていくと、「テーマヘッダー(header.php)」が表示されます。

ようやく、このなかに「head」の文字が見えます。しかし、<head></head>はありません。結論、 <head prefix="og: http://ogp.me/ns# fb: http://ogp.me/ns/fb# article: http://ogp.me/ns/article#">の下に、Googleアドセンスの広告コードを貼れば良いようです。上の画像の、ちょうど水色になっている場所ですね。貼り付けたら、「ファイルを更新」をクリックして完了。

その後、Googleアドセンスの申請画面で、広告コードの貼り付け作業が完了した旨の表記にクリックをいれ、申請完了。

以上で、Googleアドセンスの申請は完了、あとは審査結果を待つだけです。審査の通過を祈りましょう。

-アフィリエイト, 副業
-,

Copyright© ふぉーわーきんぐがーるず★ , 2019 All Rights Reserved.