新着 収納術

狭い部屋の荷物収納に!1箱200円からのminikuraやTRUNK、サマリーポケットを比較

投稿日:2019年6月6日 更新日:

ここでは、最近話題のクラウド収納比較TRUNK(トランク)vsサマリーポケットvs minikura

 

こんにちは、えいかです。

最近、CMや広告で話題の「クラウド収納」、または「クラウドストレージ」を、ご存知でしょうか?

 

狭い部屋で、荷物が収納しきれなくなった時に、本当に便利なこちらのサービス、調べてみました。マンションに住んでいる方など、住居スペースが限られている方は、特に必見です。

長いので、どれがお得か知りたい方は、「まとめ」をお読みいただければよいかと思います。

 

「クラウド収納」とは?

「クラウド収納」とは、ダンボールに、すぐに使わないものをつめて、送るとそのまま保管してくれるサービスです。しかも、マイページで、何を預けているか、一覧で確認可能。

しかも、いつでも取り出せるという、まさに、自分の荷物をクラウド上で保管、管理できるという、夢のようなサービスです。

 

この「クラウド収納」というワードは、TRUNK(トランク)というサービスが使用しているワードです。

同じようなサービスで、minikuraというサービスでは、「クラウドストレージ」という言い方をしています。また、最近CMや広告をばんばんうっているサマリーポケットでは「スマホ収納サービス」という言い方をしていますね。

 

いったん、ここでは「ダンボールに詰めて送るだけで、預かってくれ、預けたものをスマホで管理できるサービス」のことを指して、「クラウド収納」とまとめて説明します。

 

「クラウド収納」と「トランクルーム」との違いは?

似たような荷物保管サービスで、「トランクルームもあるじゃない?」と思われた方もいるのではないでしょうか。

 

トランクルームとの最大の違いを、4つあげるとしたら、こちらでしょうか。

  1. 圧倒的に安い
  2. スマホで預けたものを一覧で確認可能
  3. 自宅にいたまま、預けることも取り出すことも可能
  4. そのまま売ることも可能

 

圧倒的に安い

まず、圧倒的に違うのは価格でしょう。

トランクルームを借りるとしたら、広さにもよりますが、月に数千円〜数万円はします。しかし、このクラウド収納では、安いサービスでは、1箱200円から荷物を預けることが可能。

 

もちろん、トランクルームと同じ量の荷物を、その金額で預けることができるわけではありませんが、トランクルームを借りるほどではないけれども、家の中をすっきりさせたい!という方には、非常に重宝するサービスではないでしょうか。

 

スマホで預けたものを一覧で確認可能

各社サービスのプランによりますが、けたものをマイページ上で1点ずつ確認できます。マイページはもちろんスマホでも確認可能。

 

家で保管している時でさえ、ダンボールに詰めてしまうと、何を保管しているかわからなくなるもの。それをスマホで一覧で確認できるのは非常に助かりますよね。

 

自宅にいたまま、預けることも取り出すことも可能

クラウド収納サービスは、預ける時には自宅から荷物を送り、取り出したいときは、荷物を家に届けてもらうかたちになります。

そのため、一歩も家を出ることなく、荷物の保管ができます

 

そのまま売ることも可能

これが最大のポイント。クラウド収納サービスを利用して預けた後、「やっぱり、これはもう不要かな」と思うこと、きっとありますよね。

 

そんな時、そのままヤフオク!などのオークションサービスで売ることができるんです。

しかも、面倒な写真撮影や発送は、各社クラウド収納サービスが行なってくれるというもの。おまけに、預けている倉庫から発送されるので、自分の住所が相手に分かることなく、取引完了できるんです。

 

これは便利。オークションサービスを利用して不用品を売りたいけれども、写真撮影や発送が面倒!という方には、保管サービスとしてではなく、販売代行、発送代行という使い方もできますね

 

TRUNK(トランク)をみる

サマリーポケットをみる

minikuraをみる

 

TRUNK(トランク)vsサマリーポケットvs minikura徹底比較

TRUNK(トランク)vsサマリーポケットvs minikura 特徴は?

さて、早速クラウド収納を使ってみよう!と思った際に、困ったのが、「各サービスの特徴や価格がいまいち比較しづらい!」ということでした。

そこで、いくつかの切り口で、比較してみました。

 

TRUNK(トランク)の特徴

TRUNK(トランク)は、運営会社は株式会社トランク。倉庫はセキュリティのため非公開とされています。ほかの2つのサービスとの違いは、預けているものを売りたくなったときに売ってくれるオークションのプラットフォームがTRUNK独自のプラットフォームであるという点でしょうか。

 

この画像の通り、簡単なステップで完了できます。

 

現在、お得なキャンペーンを実施中です。期間限定なので、お見逃しなく!

 

こちら、TRUNKの紹介動画が、非常にイメージがつきやすく、わかりやすいです。

 

 

項目 内容
運営会社 株式会社トランク
保管倉庫 セキュリティのため非公開
最低利用金額 500円〜
取り出し時の最短お届け期間 最短2日(エリアによる)
利用オークションサービス TRUNKのマーケット
オークション販売手数料 販売金額の15%

 

TRUNK(トランク)をみる

 

 

サマリーポケットの特徴

つるの剛士さんのCMでおなじみのサマリーポケット。こちらは運営会社は株式会社サマリー、倉庫は寺田倉庫。250円から利用可能で、不要になった際はヤフオク!で販売可能

 

現在、お得なキャンペーンを実施中です。期間限定なので、お見逃しなく!

 

項目 内容
運営会社 株式会社サマリー
保管倉庫 寺田倉庫
最低利用金額 250円〜
取り出し時の最短お届け期間 最短翌日(関東エリアの場合)
利用オークションサービス ヤフオク!
オークション販売手数料 販売金額の10%

 

サマリーポケットをみる

 

minikuraの特徴

minikuraは、寺田倉庫が運営するクラウドストレージ・スタートアップインキュベーションサービスです。

もともと基幹事業がワイン、アート、映像フィルムなど、かなり繊細で温度管理が難しい商材の保管である寺田倉庫。当然、保管場所に関する徹底した温度管理や管理体制には定評があります

 

こちら、オークションで販売した時の販売手数料が無料、という点が、ほか2つのサービスと圧倒的に異なる点となります。売る前提であれば、こちらのサービス一択にはなりそうです。

 

項目 内容
運営会社 寺田倉庫
保管倉庫 寺田倉庫
最低利用金額 200円〜
取り出し時の最短お届け期間 最短翌日(関東エリアの場合)
利用オークションサービス ヤフオク!
オークション販売手数料 無料

 

minikuraをみる

 

「クラウド収納」撮影なしのサービスで比較

 

さて、各サービスいろいろありますが、預けたものを撮影してマイページで管理できるようにするか否かで、価格も変わります。

撮影なしにすると、非常に安い。こちらのプランはこんな方におすすめです。

こんな方におすすめ

  • 預けたものの撮影は不要
  • マイページで預けたものを全て把握する必要はない
  • ただ、預かってくれればいい

さて、撮影なしプランを比較します。

 

サマリーポケット vs minikura 価格は?

お得な、撮影なしプランがあるのは「サマリーポケット」と「minikura」になります。

 

それでは早速、「サマリーポケット」と「minikura」の価格を比較してみましょう。

項目 サマリーポケット エコノミープラン minikura HAKO
レギュラー ラージ
月間保管料金 250円 400円 200円
ボックス代金 0円 0円 200円
箱ごと取り出し送料 800円/梱包(※2) 980円/梱包(※2) 0円(※1)
アイテムごと取り出し送料 800円/梱包(※2) 980円/梱包(※2) アイテム毎の取り出し不可

※1:保管期間が16ヶ月(1年4ヶ月)未満の場合は取り出し送料は850円になります。

※2:1梱包あたりの金額となります。

 

取り出す時の金額を考えると、16ヶ月以上預けることが確定であり、かつアイテム毎の取り出しが不要であれば、「minikura HAKO」のプランがお得ですね。

 

しかし、アイテム毎に取り出したい可能性があるのであれば、サマリーポケットのほうが、結果便利かもしれません。

 

TRUNK(トランク)をみる

サマリーポケットをみる

minikuraをみる

 

TRUNK(トランク) vs サマリーポケット vs minikura 箱の大きさは?

価格はminikuraが安そうとはいえ、箱の大きさはいかがでしょうか。単純に価格比較だけはできません。

 

箱の大きさを見ていきましょう。

サービス名 箱のサイズ
サマリーポケット エコノミープラン レギュラー 幅38cm×奥行38cm×高さ38cm
サマリーポケット エコノミープラン ラージ 幅68cm×奥行45cm×高さ37cm
minikura HAKO 箱は3種類から選択可能(20kgまで) レギュラー 幅38cm×奥行38cm×高さ38cm
ワイド   幅60cm×奥行38cm×高さ20cm
ブックス  幅42cm×奥行33cm×高さ29cm

minikura、箱のサイズを3種類から選べるのに価格が一緒なんて、なかなかすごいですね。

 

TRUNK(トランク)をみる

サマリーポケットをみる

minikuraをみる

 

TRUNK(トランク) vs サマリーポケット vs minikura 体積あたり安いのはどれ?

さて、価格と箱の大きさ、両方の情報が揃った時、一番お得なのはどれか、体積あたりで比較してみます。

もし、16ヶ月以上預けるのであれば、minikuraが圧倒的に安いので、比較するまでもありません。

 

そこで、もし16ヶ月未満で預ける場合で、minikuraにも取り出し送料850円がかかった場合で比較してみます。1ヶ月で取り出すようなシュミレーションとなりますが、わかりやすくするために、ご容赦を。

サービス名 1cm3あたり金額 ボックス体積 金額
サマリーポケット レギュラー 0.0191円 54,872cm3 1,050円
サマリーポケット ラージ 0.0121円 113,220cm3 1,380円
minikura レギュラー 0.0227円 54,872cm3 1,250円
minikura ワイド 0.0274円 45,600cm3 1,250円
minikura ブックス 0.0310円 40,194cm3 1,250円

 

結果、もし16ヶ月も預ける予定がない場合、サマリーポケットのほうが、結果安いという結果になりました。

 

そこまで長く預けるようなイメージがないようなものについては、結果サマリーポケットのほうがお得になる可能性が高いですね。しかも、梱包ごとに取り出し送料がかかるとはいえ、箱ごとではなく、アイテムごとに取り出せる利便性は、ありかもしれません。

 

なお、minikuraのボックス代は、最初にかかる分のみになるので、長く預けるのであれば、minikuraが月額が一番お安いので、お得なのは間違いありません。

 

TRUNK(トランク)をみる

サマリーポケットをみる

minikuraをみる

 

「クラウド収納」撮影ありのサービスで比較

では、撮影ありのサービスで比較します。

 

こちらのプランはこんな方におすすめです。

こんな方におすすめ

  • マイページで預けたものを1つずつ確認、管理したい
  • アイテムごとに取り出したい
  • オークションで売りたい

撮影ありのプランの提供は、TRUNK(トランク)もありますので、ここでは3サービスの比較をしてみます。それでは、早速みていきましょう。

 

TRUNK(トランク) vs サマリーポケット vs minikura 価格は?

 

それでは早速、「TRUNK(トランク)」「サマリーポケット」と「minikura」の価格を比較してみましょう。

項目 TRUNK サマリーポケット スタンダードプラン minikura MONO
レギュラー/アパレル ラージ
登録手数料 500円 0円 0円 0円
月間保管料金 500円 300円 500円 250円
ボックス代金 0円 0円 0円 250円
預け入れ送料 0円 0円 0円 0円
箱ごと取り出し送料 800円/梱包(※2) 800円/梱包(※2) 980円/梱包(※2) 0円(※1)
アイテム毎取り出し送料 800円/梱包(※2) 800円/梱包(※2) 980円/梱包(※2) 800円/梱包(※2)

※1:保管期間が16ヶ月(1年4ヶ月)未満の場合は取り出し送料は850円になります。

※2:1梱包あたりの金額となります。

 

一覧にしてみましたが、なんとも比較しづらい・・・

 

いったん、仮にアイテム毎の取り出しを1回行う前提で、合計料金を出してみます。

サービス名 月額保管料金+ボックス代金+取り出し送料
TRUNK(トランク) 1,800円
サマリーポケット スタンダードレギュラー/アパレル 1,100円
サマリーポケット スタンダードラージ 1,480円
minikura MONO 1,300円

これだけでは、なんともTRUNK(トランク)が高く見えますね。

 

TRUNK(トランク)をみる

サマリーポケットをみる

minikuraをみる

 

TRUNK(トランク) vs サマリーポケット vs minikura 箱の大きさは?

しかし、やはり金額だけでなく、ポイントはどのくらい預けることができて、それに対する金額がいくらか、という点です。

 

撮影なしプランと同様、箱の大きさも見ていきます。

サービス名 箱のサイズ
TRUNK(トランク)※1 幅56cm×奥行48cm×高さ36cm
サマリーポケット スタンダードレギュラー 幅38cm×奥行38cm×高さ38cm
サマリーポケット スタンダードアパレル 幅60cm×奥行38cm×高さ20cm
サマリーポケット スタンダードラージ 幅68cm×奥行45cm×高さ37cm
minikura MONO レギュラー ※2 幅38cm×奥行38cm×高さ38cm
minikura MONO ワイド ※2 幅60cm×奥行20cm×高さ38cm

※1:20kg、30アイテムまで

※2:30アイテムまで

 

TRUNK(トランク)をみる

サマリーポケットをみる

minikuraをみる

 

TRUNK(トランク) vs サマリーポケット vs minikura 体積あたり安いのはどれ?

 

それでは、最後に金額と箱の大きさを加味して、体積あたりで安いのはどれかを比較してみます。

サービス名 1cm3あたり金額 ボックス体積 金額
TRUNK(トランク) 0.0186円 96,768cm3 1,800円
サマリーポケット スタンダードレギュラー 0.0200円 54,872cm3 1,100円
サマリーポケット スタンダードアパレル 0.0241円 45,600cm3 1,100円
サマリーポケット スタンダードラージ 0.0130円 113,220cm3 1,480円
minikura MONO レギュラー 0.0236円 54,872cm3 1,300円
minikura MONO ワイド 0.0285円 45,600cm3 1,300円

 

結果、一番安いのは、「サマリーポケット スタンダードプラン ラージサイズ」でしょうか。

 

ここでは、単純な価格比較でのみみておりますが、各サービス、オプションもいろいろありますので、ホームページでそれぞれの、オプション内容もあわせてご確認いただいた上で、ご判断いただければと思います。

 

TRUNK(トランク)をみる

サマリーポケットをみる

minikuraをみる

 

まとめ

長々と徹底的に比較をしてきましたが、まとめます。

預けたモノを売る前提の場合

まず、もう売る前提!という方は、フオク!で売ってくれ、かつ販売手数料がない「minikura」一択かと思います。販売手数料がかからないのはやっぱり魅力的。

 

撮影なしのプランの場合

次に、撮影なしで、アイテムごとの取り出し不要、16ヶ月以上の長期間預けるという方は、「minikura HAKO」がお得です。

ただし、アイテムごとに取り出す可能性がある、という方は、したい、という方は、「サマリーポケット」にすべきです。

 

撮影ありのプランの場合

最後に、撮影ありプランの場合、「サマリーポケット スタンダードプラン ラージサイズ」が一番お得です。

※あくまでも、単純な体積と価格の比較です。預ける期間や取り出す回数によっても変わると思うので、それぞれホームページをご確認の上、お申し込みください

 

TRUNK(トランク)をみる

サマリーポケットをみる

minikuraをみる

 

サマリーポケットは現在、初めてのご利用でボックスの保管料が最大4ヶ月分無料キャンペーンを実施中で!お見逃しなく!

キャンペーンを見る

 

どのサービスにしろ、月に数千円から数万円かかるトランクルームより断然お得。

最近流行りのサービスを活用して、お部屋を快適な空間に私もします♪

 



-新着, 収納術

Copyright© ふぉーわーきんぐがーるず★ , 2019 All Rights Reserved.