ふるさと納税

【ふるさと納税おすすめサイト】amazonギフト券30%還元の泉佐野市vs楽天

投稿日:2019年5月11日 更新日:

ふるさと納税の新制度が始まるまで、1ヶ月を切りました。

消費者からすると、単純に返礼品の還元率が悪くなったり、対象の市町村が少なくなったりと、条件改悪な感は否めないでしょう。

ここで、新制度スタート前の、かけこみ納税をするには、いったいどこのサイトが一番お得なのか。調べてみました。

ふるさと納税の仕組みは、こちらでまとめておりますので、どうぞ。

【6月から改悪決定】今がチャンス!ふるさと納税で一番お得なサイトはどこだ!?

泉佐野市の100億円還元閉店キャンペーンや、6月からの改正案などで、なにかと話題になっているふるさと納税。改めて、ふるさと納税とはなんなのか。また、いつ、どこでやるのが得なのか、調べてみました。 簡単 ...

続きを見る

ふるさと納税ができるサイトでお得な

ふるさと納税ができるサイトは多々あるかと思いますが、個人的にお得だと感じたのは、やっぱりこちらの2つでした。

  • 泉佐野市 さのちょく
  • 楽天市場

泉佐野市は、ふるさと納税の新制度では、総務省に参加を認められない方針をだされているくらい、今でも非常にお得なキャンペーンを行なっています。

現在行なっているキャンペーンは300億円限定キャンペーン

こちら、中身をみると、ふるさと納税の問題点を提起している、非常に個性のあるキャンペーンです。

泉佐野市のキャンペーンの意図を、ページより抜粋します。なるほど、おもしろい。

6月1日に施行される(改正)地方税法により、ふるさと納税は、多くの自治体にとって厳しく
寄附者にとっても「チョット残念」な制度に変わってしまいます。
今、ふるさと納税にどのような問題が起こっているのか、どんな制度になってしまうのか
6月までには少し早いですが、寄附者の皆様に新しいふるさと納税を体感していただくことで
問題や課題を知っていただきたく、今回のキャンペーンを実施します。

最大Amazonギフト券30%をプレゼント!
300億円限定キャンペーン
~規制後のふるさと納税を体感しプレゼントをゲット~

申込(決済完了)は5月31日23時59分まで

※参照:さのちょく

Amazonギフト券が最大30%も還元され、かつキャンペーン内容自体もおもしろい泉佐野市。さまざまなところに広告を出したりと、最後の駆け込み納税狙いで、非常に攻めているのを感じます。

 

泉佐野市のAmazonギフト券30%還元 vs 楽天市場のポイント還元

一方、楽天市場の会員プログラムで、ダイヤモンド会員を長らくキープするほどの楽天ヘビーユーザの私としては、正直どちらがお得なのか、迷うところがありました。

実際どちらがお得なのか。いつもお世話になっているビール「アサヒスーパードライ 350m×24本l」で調べてみました。

 

泉佐野市のさのちょくでアサヒスーパードライ350ml×24本をもらう場合

B.「経費50%問題」体感コース

~もしも、経費50%問題のしわ寄せで、返礼品の調達率が20%になったら~

さのちょくのサイト上で、「チョット残念」なコースという、こちらのコース。返礼品の返礼率は寄付額の20%の商品とAmazonギフト券30%分という内容です。

なお、今回は、「チョット残念」なふるさと納税(Bコース)を体感してくださった方には、
これまでのキャンペーンのAmazonギフト券20%に加えて、Amazonギフト券10%上乗せしてプレゼントします!
ふるさと納税に問題意識を持っている方、これからの「チョット残念」なふるさと納税に興味のある方のお申込みを
是非お待ちしております。

※参照:さのちょく

返礼率を20%にした場合、どんなかんじになるのか体感するには非常にいい品でした。

 

これで、Amazonギフト券30%を金額になおすと、

22,500円×30%=6,750円

22,500円-6,750円=15,750円

実際、15,750円でアサヒスーパードライ350ml×24本が手にはいる計算になりますね。

さのちょくを見る

 

C.「ポータルサイト手数料問題」体感コース

~ポータルサイトの手数料がない場合~

返礼品の返礼率は泉佐野市スタイルの寄付額の50%の商品と、Amazonギフト券10%のこちらのコース。

これで、Amazonギフト券10%を金額になおすと、

10,000円×10%=1,000円

10,000円-1,000円=9,000円

実際、9,000円でアサヒスーパードライ350ml×24本が手にはいる計算になりますね。これはお得。

さのちょくを見る

 

楽天市場でアサヒスーパードライ350ml×24本をもらう場合

2019年5月現在で、アサヒスーパードライが一番やすい納税額で手に入るのは、350ml×24本で15,000円の神奈川県 南足柄市でした。


【ふるさと納税】ビール アサヒ スーパードライ Superdry 350ml 24本 1ケース 15,000円

 

こちら、さのちょくの先の「ポータルサイト手数料問題」体感コースと同じ金額「9,000円」でビールを手にいれようとすると、ポイント40倍でないと、きびしそうです。

ポイント40倍を実現しようとすると、こちらの条件が全て重なったときでしょうか。

  • 5の倍数の日の楽天カード利用で5倍 ゴールドカード7倍
  • 楽天イーグルス、ヴィッセル神戸 勝利で2倍 or 3倍
  • SPUプログラムで14倍(難しそう・・・)
  • お買い物マラソンなどの買い回りで10倍(10店舗買い回り・・・)

これでも34倍なので、なかなか泉佐野市には勝てなそうです。

この場合、獲得できる楽天スーパーポイントは

15,000円×34%=5,100円

15,000円-5,100円=9,900円

実際、ここまでキャンペーンに参加できた場合、9,900円でアサヒスーパードライ350ml×24本が手にはいる計算になりますね。

 

アサヒスーパードライ350ml×24本で比較した結果は?

5月までに、駆け込みふるさと納税をするのであれば、泉佐野市のさのちょくをうまく活用するのが賢いかもしれません。

しかし、ふるさと納税のバリエーションを考えた場合、一度楽天市場のふるさと納税ランキングを見てみるのはおすすめです。

ふるさと納税ランキングをみる

 

もちろん、商品によっては一概にはいえないかもしれません。

あくまでもご参考までに。しっかり確認して、お得にかけこみ納税しましょう!

-ふるさと納税

Copyright© ふぉーわーきんぐがーるず★ , 2019 All Rights Reserved.