首都圏 新着

【トイレ有】都内から電車で1時間半!タダでキャンプ&BBQが可能な三浦の水戸浜海岸が超快適

投稿日:

梅雨の合間に、夏日到来!

 

これは、お出かけせねばと、近場でタダでキャンプやBBQができるという、神奈川県の水戸浜海岸にいってきました。

そこは、都内から電車で1時間半で行くことができ、トイレもあり、超快適でした!

 

公共機関は電車を利用。

私たちと同じく、車を持たない初心者アウトドア好きの方のために、また自分の備忘録のために、まとめます。

基本情報のまとめが長いので、実際に行った感想を見たい方は、目次で下まで飛んじゃってください。

 

水戸浜海岸(水戸海岸)の場所は?

まず、水戸浜海岸という名前を聞いたことがない方も多いのではないでしょうか。

こちらは、神奈川県三浦市にある、自然があふれた海岸で、最寄駅の京浜急行「三崎口駅」から徒歩20分程度の場所にあり、水戸海岸とも言われます。

場所は、三崎口駅から地図上で左下のほうですね。

 

周辺は、バスも通っておらず、田舎の雰囲気を感じるのにもってこい。都内から1時間半程度で行けてしまうので、のんびりしたい場合にさくっと行くのにおすすめです。

 

公共機関を利用した場合のアクセス方法は?

最寄駅は、京浜急行「三崎口駅」

公共交通機関の電車やバスが、水戸浜海岸まで通っていないので、最寄駅の「三崎口駅」から、歩くかタクシーを利用するしかありません。

 

歩いて20分。タクシーで5分。地図上で、三崎口駅→水戸浜海岸まで1.6kmです。

今回、行きはタクシーを利用しましたが、三崎口駅のタクシー乗り場から、水戸浜海岸まで910円でした。

なお、三崎口駅からタクシーを利用した際、「水戸浜海岸までお願いします。」と運転手さんにお伝えしたところ、「水戸浜海岸は広いよ、この辺の海岸一帯がそうだよ。」と言われてしまいました。

 

釣りが目的であれば、釣りが可能な堤防「初声漁港」近くに行くべきかと思うので、「初声漁港近くの駐車場まで」といえばよいでしょう。

神奈川県三浦市初声町三戸 三戸2454

 

海岸の真ん中あたりに行きたいのであれば、「水戸浜駐車場まで」といえば良いでしょう。

神奈川県三浦市初声町三戸1090

 

地図上で、ある程度目星を決め、その場所を伝えることがポイントです。

 

水戸浜海岸周辺の基本情報は?

まず、BBQやキャンプをする場合、気になるのは以下ですよね。

それぞれ見ていきましょう。

 

キャンプやBBQは可能?

なんと、この水戸浜海岸では無料でキャンプやBBQが可能。これはうれしい!

そのため、近くの駐車場は、繁忙シーズンになると早い時間にいっぱいになるそうなので、車で行く場合は早めの到着が必要です。

 

トイレは近くにある?

女性にとって、またお酒を飲む方にとって、特に気になるのはトイレの存在。

水戸浜海岸には、近くにトイレがあります。

おそらく、地元の方が清掃してくださっているのでしょうか、そこそこ綺麗で、使うのがきつい!という感じは全くありません。

トイレットペーパーもしっかりありました。

もちろん、手を洗うための水道もあります。

水戸浜海岸にそって、いくつかあるので、トイレが遠すぎる!ということもなさそうです。

 

水道は?水場はある?

探せばあったのでしょうか、私はトイレ以外の水道は見つけることができませんでした。

もし、キャンプやBBQで水を使う場合、事前に準備しておくことをおすすめします。

 

近くにスーパーや売店はある?

水戸浜海岸近くには、残念ながら、スーパーはありませんでした。

売店はあったのですが、シーズンオフ中はやっていない様子。自動販売機はあるので、飲み物は購入可能です。

最寄りのスーパーが、そもそも三崎口駅の反対側にあるので、必ず事前に食材などは準備をして行った方がよいでしょう。

 

なお、水戸浜海岸の最寄駅の三崎口駅周辺にも、コンビニはありますが、スーパーはありません。

 

隣の駅の、三浦海岸駅には、京急ストアだけでなく、100円ショップも近くにあります。三浦海岸駅周辺は、スーパーや居酒屋など、お店が充実していますね。

京急ストア三浦海岸店。

神奈川県三浦市南下浦町上宮田1491

 

京急ストア三浦海岸駅前店。

神奈川県三浦市南下浦町上宮田3258

 

100円ショップベリー。

神奈川県三浦市南下浦町上宮田3255-1

 

電車で行く場合の、おすすめ食材調達方法は?

もし、私たち同様、電車で行く場合は、三浦海岸で一度下車して、食材を調達してから、三崎口駅まで電車で移動。三崎口駅からタクシーで水戸浜海岸まで行く、がベストではないでしょうか。食材やお酒は非常に重いので・・・910円くらい、許せます。

 

ただ、三浦海岸駅から水戸浜海岸までタクシーを使うとなると、三崎口駅から水戸浜海岸までの3倍の距離はあるので、3,000円くらい、いってしまうのではないでしょうか。ちょっと高い・・・

参考

三崎口駅→水戸浜海岸 1.6km タクシーで910円

三浦海岸→水戸浜海岸 最短4.8km、国道を行くと5.6km

 

釣りは可能?

初声漁港に釣りが可能な堤防があるので、そこで釣りは可能です。

どうやらサビキが安定して連れ、大物はあまり期待はできないそうですが、小サバやイワシが釣れるとのこと。

今回も、多くの方が、堤防の上で釣りを楽しんでいました。

 

海水浴は可能?

現在、三浦市の海水浴場には登録されておらず、シャワーなど、しっかり綺麗に整備されているわけではありません。

でも、海水浴自体は可能です。

 

水戸浜海岸に行った感想をレビューします

さて、今回、私たちは、BBQ&デイキャンプをすべく、水戸浜海岸に向かいました。

装備はこちら。テント、椅子、BBQセット、レジャーシート、炭。

 

今回、荷物の持ち運びに使用しているカートはこちら。

 


折り畳みカラーカート キャリーカート ゴムバンド付き ( 折りたたみ キャリー アウトドア 荷物運び カート 台車 バーベキュー 釣り ゴミ出し コンパクト レジャー )【5000円以上送料無料】

ちょっとかさばる荷物でも、カートに乗せてしまえば、電車でも持ち運び可能です。

 

横浜駅から京浜急行にて、三崎口行きの電車に乗り込みます。

 

この時期、まだ三崎口駅に近くにつれて、だんだん人がいなくなる車内。

 

 

そこから、食材調達のために、まず三浦海岸駅で下車。

 

 

駅の向かいの京急ストアで食材やお酒、氷を調達し、再び三浦海岸駅にて電車に乗車。隣の駅の三崎駅口まで行き、そこからタクシーで水戸浜海岸まで。

京浜急行は、想像以上に電車の本数があったので助かりました。土日の日中は、10分に1本以上はあるので、比較的すぐ電車が来ます。

 

三崎口駅前の売店では、三浦ならではの海産物の販売も。そこで、お店のおばちゃんオススメのマグロのカマ500円と、1袋5つ入りのサザエ1,000円を購入し、水戸浜海岸へ。

 

タクシーの運転手さんに、「水戸浜海岸のどこで降りるんだ」といわれつつ、人がいそうなこの辺で下車。タクシー代は910円。

 

水戸浜海岸は、想像以上に人がおらず、のどかな漁村感満載。これはのんびりできます。

海岸のほうには、ほとんど人がいません。

 

海の奥に見える堤防で、釣りができるようですね。ちらほら人の姿が見えます。

 

結局水戸浜海岸に到着したのが、11時くらいでしょうか。前日、大雨だったせいか、その時、すでにテントを立てている人たちは、1組程度。

 

海岸から道路を渡ったすぐの場所にトイレもあり、飲みすぎても安心です。

 

トイレットペーパーもあり。しかし、なくなることが多いんでしょうね。悲しい注意書きがありました。

 

手を洗うための水道もあります。こちらも注意書きが・・・

 

さて、周辺を確認したら、さっそく準備。

テントは今回、こちらを使用。ワンタッチで開くタイプなので、準備が一瞬なのがうれしいところ。


ドームテント サンシェード タープ 防水 uvカット キャンプ 山 海 レジャー 日除け ワンタッチ 送料無料 ワンタッチテント インナーテント インナーシート ペグ 着替え 防災 はっ水 アウトドア テント 2人用 3人用 4人用 簡単テント おしゃれ

 

欠かせないのは椅子。

アームのところの缶ホルダー、酒飲みにとって重宝します。

 

さて準備ができたらBBQ。

三浦海岸駅のスーパーで購入した地元の魚と、三崎口駅で購入したさざえから。

 

マグロのかまも焼いていきます。

マグロは、しっかりしたものだと、「魚」というより「海の肉」なんだと感じるくらい、食べ応えがありますよね。

 

もう、海を真ん前にして、地元の魚介を炭火のBBQでいただくことができるなんて、最高ですね!

もうここから、飲みすぎて写真ありません。

 

しばらく昼寝して、起きたら猫が。

 

全然逃げません。ものすごい人に慣れていて、呼ぶとついてきます。

無防備にお腹をむけてきます。かわいい・・・

 

のんびりとした時間。

 

ちょっと足だけ海の中に入ってみても、気持ちいい気候。

 

太陽が海に反射し、キラキラきらめくのをみていると、時間を忘れます。

 

そんなこといっていると、あっという間に夕日。

 

この周辺、電灯がある気配がほとんどないので、暗くならないうちに片付け、退散。

夕暮れ時、富士山が海の向こうにくっきり。

 

帰りは荷物も少ないので、三崎口駅まで徒歩で向かいます。

 

途中に物見やぐらのようなものがあったり。

 

神社があったり。

 

気になるものが、次々と現れますが、暗くなるのも怖いところ。

田舎の道をどんどん進んでいきます。

 

さらに、田舎感が増した道に入っていきます。

 

特徴的な木々の横を通り抜け、てこてこ歩き続けると。

 

ひらけた畑道に。

見渡す限り、畑。

 

さえぎるものが、何もないので本当に空が広い。

 

満月の前日だったこともあり、月が本当に綺麗でした。

 

さて、畑道をぬけると、もうそこは三崎口駅すぐそば。

出てきた畑道を振り返ってとった写真がこちら。畑道の最後は駐輪場でした。

三崎口駅から徒歩で水戸浜海岸にいく場合は、こちらの駐輪場から畑道をぬけていけばよさそうですね。

 

結局、水戸浜海岸から三崎口駅まで、本当にだらだら歩いて、30分かからないくらいでしょうか。

歩いていて、結構見所満載で、楽しい道なので、荷物が少なかったら、歩いていくこともおすすめです。

 

三崎口駅には人がちらほら。おや。

 

三崎口駅の看板。よく見ると「三崎マグロ駅」になっています。

 

三崎口駅は、始発駅。ここから乗れば、絶対に座って帰れるのが嬉しいところですね。

 

すやっと寝ていたら、あっという間に横浜駅。

おつかれさまでした。

 

水戸浜海岸はロケ地でもある

最近、流れているThe CHOYAウメッシュのこちらのCM、実は、水戸浜海岸が撮影地です。

 

The CHOYA ウメッシュ「マジックアワー篇」

こちらの撮影で使用された場所は、水戸浜海岸にある、「ビーチバム」さんとのこと。

 

海に面したウッドデッキと、この幻想的な風景を、実は水戸浜海岸で体験できちゃうんですね!これは素敵。

 

これから、梅雨があけたら夏本番、まだまだ水戸浜海岸にお世話になりそうです。

-首都圏, 新着

Copyright© ふぉーわーきんぐがーるず★ , 2019 All Rights Reserved.